舳松人権歴史館

緊急事態宣言延長に伴う開館時間のお知らせ

新型ウイルス感染症緊急事態宣言の延長を受け、舳松人権歴史館、人権資料・図書室は開館時間を当面の間下記の通り変更いたします。

開館時間:午前9時30分から午後5時まで

期間 :2021年8月24日~当面の間

※なお、状況により臨時休館やイベント等の中止を行う場合があります。

舳松人権歴史館および人権資料・図書室では今後も感染拡大防止に努めてまいります。利用者の皆様にはご理解ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

ご来館の際には、下記の事項について、ご理解とご協力をお願いいたします。

来館時

展示案内

ご不便をおかけいたしますが、来館者のみなさまと職員の健康と安全を考えての対策です。何卒ご理解とご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

施設概要

同和問題の啓発と学習を目的として、部落差別に関する歴史や実態をグラフィックや実物資料、再現模型などで紹介しています。

企画展

将棋名人 阪田三吉とゆかりの人々

2021年5月11日(火曜)~2021年9月30日(木曜)

阪田三吉は、実力社会と言われた将棋界で明治から昭和の初めにかけて活躍した棋士の一人です。今回の企画展では、阪田三吉を支えた人々を紹介します。

阪田三吉の妻のコユウは心身両面で阪田三吉を支え、有力な後援者のひとりであった高橋龍太郎は物心両面で阪田三吉を支えました。また、ライバルであった関根金次郎がいなければ阪田三吉の棋力は伸びなかったであろうと言われています。その他にも阪田三吉を名人に推薦したひとりである柳澤保恵、阪田三吉が第二期名人戦挑戦者決定八段リーグ戦に参加できるように尽力した菊池寛、その名人戦挑戦者決定八段リーグ戦の介添えを引き受けた松本治一郎など、多くの人々に支えられながら阪田三吉は将棋界で大成しました。

今回の企画展では、阪田三吉を支えた人々を紹介すると共に阪田三吉と部落問題との関わりについても紹介します。

 

所在地

〒590-0822
堺区協和町2丁61-1
(人権ふれあいセンター内)

入館料

無料

開館時間

午前9時30分から午後6時30分まで

休館日

月曜日(祝休日は開館)・年末年始

最寄駅

阪堺線 御陵前
阪堺線 東湊

バス停

南海バス 大仙西町団地前
南海バス 旭ヶ丘北町

 

阪田三吉記念室

舳松出身の将棋名人・阪田三吉を映像『さんきい物語』や、ゆかりの品、記録写真などにより紹介し、業績を顕彰します。

「阪田三吉」の「吉」は機種依存文字の為、代用文字を使用しています。正しくは、吉の上辺は土です。

人権資料・図書室

同和問題をはじめ人権関係資料を中心に、小説や実用書などをそろえています。

開館時間

午前9時30分から午後6時30分まで

休館日

月曜日(祝休日は開館)・年末年始
館内整理日

 

☆お問い合わせ先
堺市立人権ふれあいセンター舳松人権歴史館
〒590-0822 堺市堺区協和町2丁61-1
電話番号 072-245-2536
F A X  072-245-2535